折形礼法の考察



夏の贈り物の折形

d0151936_13594132.jpg

夏の贈り物をテーマにワークショップを行います。

・箱を包む
・手ぬぐいを包む
・ちいさなものを包む

の3種のワークショップです。

「手ぬぐいを包む」と「ちいさなものを包む」は
文献に残されているもの。
「箱を包む」は 印刷された熨斗紙が考案される
少し前を想像して作りました。

のしあわびの包・熨斗包・小熨斗・・・・と時代を経て
形と用途が変化してきた包み。
小熨斗から印刷物に変わる間があってもよいのでは?
手軽だが、熨斗が物質としてここにあるもの。
そのような思いを込めて提案します。

3種はどれも書道用半紙で折ることができます。

ワークショップの詳細、お申し込み方法はこちらになります。
http://myfringe.jp/

よろしくお願いいたします。














[PR]
by kagamiru | 2014-06-14 11:26 | ワークショップ
<< 七夕のしつらえ 日本のかたち >>


折形の背景を調べながら、今へ伝わる文化として紹介していきたいと思います。

by kagamiru